将来的な体の問題のために【糖尿病の持つ多大な恐怖】

生活のリズム

こんな症状は要注意です

糖尿病は、暴飲暴食からの肥満や運動不足によってまねかれる生活習慣病です。欧米化した食生活と、仕事上での付き合いのお酒やストレスなどによって、体内で血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用が低下してしまい、ブドウ糖をうまく栄養素として利用出来ずに、血液中に多く溜まってしまい、糖尿病となります。主な症状として、喉の渇きや尿の量の増加、体重減少や疲労感、目のかすみなどがあげられます。どの症状も、体内でブドウ糖が正常に利用されずに、慢性的なエネルギー不足になっている事が原因です。糖尿病は残念ながら、一度発症してしまうと完治の難しい病気です。また、発症には遺伝的要素が大きいため、血縁者に糖尿病の人がいる場合はより一層の注意が必要です。

糖尿病の治療方法について

糖尿病の主な原因が暴飲暴食による肥満と運動不足です。そのため症状の緩和、もしくは予防のためには、カロリー摂取の制限と運動が不可欠となります。ただカロリーを控えるのではなく、バランスの取れた栄養を、一日の必要量のカロリー内で摂取する必要があります。基本的には、症状に応じて担当の医師に渡される食事指導表に従った食生活を送る事になります。運動は有酸素運動といって、ジョギングやウォーキングなどが効果的です。ただし、慢性的な運動不足の人が急激な運動をすると、逆に身体に負担をかけかねませんので注意が必要です。糖尿病の症状を落ち着けるためにも、予防のためにも、普段から適度な運動を行い、間食や飲食をできるだけ控える事が重要です。